我輩は未来人である

自由気ままに新世界を創造してみようぜ

真田丸

真田丸33話の感想!三成さんがご乱心で家康は天下取りに【覚醒】完了

石田三成に詰め寄る加藤清正-285x300

 

どうも、未来人です。




秀吉がいなくなって間もないのに

速攻で混乱状態の豊臣家。

 

そんな中、

完全に焦りまくってご乱心の

三成ですがついに暴挙に出ます。

 

三成らしくない夜襲をかける

という力技に出ますが簡単にチクられる。

 

チクった奴があの北条家の家臣だった

板部岡江雪斎です。

 

url

 

昼間のうちに知られてしまい、

作戦は失敗かと思いきや、

三成はそれでも決行しようとします。

 

完全にご乱心。

 

豊富の家臣である

加藤清正や福島正則までも

家康に味方していきます。

 

まさかの親友の大谷吉継までも

家康に味方するという始末。

 

そんな中、信繁は父の

昌幸にも家康に味方をするよう勧めます。

 

乱心して暴挙に出ようとしている

三成を諦めさせるためです。

 

それでも諦めない三成。

 

u5743c6477f7d5a3200005032018a

 

清正の言っている通り、

らしくねえなーーー

というのが率直の感想。

 

まあでも、

家康のが憎いというだけでなく

三成は家康の脅威を予見していた!

というわかりやすいエピソードです。

 

三成の算段によれば明らかに

家康は豊富の脅威となる...

というのが見えていた。

 

それで何が何でも家康を

亡き者にする必要がある!

と見ていたのでしょう。

 

何かと誤解されやすい部分が

描かれている三成ですが、

 

頭は良くても人望がないのが

最大の弱点だったようです。

 

そもそも関ヶ原で負けたのも、

今回の家康襲撃の件でも

 

そこが仇となりました。

 

豊富の多くの家臣までもが

徳川の見方をするという始末。

 

兵力的には圧倒的に三成の負け。

 

志とは真逆に人が着いてこないジレンマ。

そこからくる焦り。

 

今回の件で完全に家康の

【天下取り】を覚醒させた

という事件でした。

 

sanadamaru960

 

「豊富の家臣のほとんどが自分に味方した」

 

という圧倒的な自信をつけさせた

出来事になってしまったのです。

 

さて、次回は三成のほうが

襲撃されるようですが

一体どうなるのでしょうか。

 

関ヶ原まであとすこし。

楽しみですね。

 

 

-真田丸