我輩は未来人である

自由気ままに新世界を創造してみようぜ

真田丸

真田丸34話感想!三成ついに挙兵!ようやく信繁の妻「春」の謎がわかったw

sanadamaru3402

 

どうも、未来人です。




真田丸もようやく盛り上がる

部分までやってきましたね。

 

ついに三成が挙兵し、

関ヶ原の戦いとなります。

 

このまま大坂の陣の大イベントまで

突っ走っていくだけですね。

 

それにしても、

関ヶ原の戦いは9月の初秋の出来事。

 

ちょうど今の時期と被る

ということで何となく哀愁漂いますね。

 

 

さて、

以前に三成が信繁の妻「春」を

「あの女は苦労するぞ」

と言っていましたよね。

 

今回の話でようやく

その謎が溶けました。

 

思ったことを思わず口にしてしまう...

という部分以外は全く

やっかいな女には見えませんでしたが

 

どうやら

「思い込みの激しい女」

とうことがわかりました。

 

20160702-00000022-mantan-000-1-view

 

過去に三成が

ちょっとしたことで春を勘違いさせ

自分に惚れてしまった過去を暴露。

 

それだけならともかく

三成の妻にまで

「私たちは想い合っているから別れて欲しい」

とまでいう始末w

 

これは思い込みが激しいどころか

一方的に突っ走るタイプということですね。

 

Cq8RhBAUsAEciKd

 

これはやっかいですぞ。

 

信繁にとっては

思い込みが激しいタイプは

もう一人います。

 

幼なじみの「きり」です。

(後の側室になる)

 

001_size6

 

なかなか癖のある女性に

囲まれて生きるのですねw

 

今後どんなトラブル?が

起きるかわかりませんが、

関ヶ原後は幽閉され貧しい生活にあります。

 

この二人のオナゴに囲まれて

どのように過ごすか見ものです。

 

 

さて、今回の件で

完全に四面楚歌状態の三成ですが、

史実上では大変民思いの政治を

していたことで有名です。

 

頭がキレ過ぎて少々情には

疎い部分があっただけで、

志は誰より優れていた武将。

 

上杉景勝や直江兼続などが義に熱い

武将で有名ですが、

実は石田三成も義の武将です。

 

20160527-00000038-mantan-000-2-view

 

それは、見え方の違いなのです。

角度を変えて見ればそれはわかること。

 

しかし、

三成の周囲の人間には

それはわからなかったようです。

 

案の定、嫌われ者。

 

そして義のかけらも見えない家康。

 

sanadamaru960

 

家康を討とうと

力技に徹してしまったのも

プライドだけでなく秀吉への

熱い熱い義があってこそ。

 

最後の最後まで命を惜しみ、

義を貫く三成が楽しみですね。

 

 

-真田丸