我輩は未来人である

自由気ままに新世界を創造してみようぜ

ニュース 人生論 日記

【自殺多い9月1日】日本の異常な自殺率の多さに未来人が思うこと!【逃げろ】

どうも、未来人です。

 




 

夏休みの明けた9月1日。

学校に行くのが苦痛な学生にとっては

とんでもなく辛い日ということになります。

 

そしてやはりこの9月1日という日は

18歳以下の学生の自殺率が多い日とされています。

本当に悲しい限りですね。

 

結論から言います。

この自殺の原因やイジメの原因というのは

学校教育の歪みがほぼ原因の全てです。

 

そしてこの教育を受けてきた日本人の

閉鎖的で小さな気質が多くの若者を

殺してしまっている原因なのです。

 

それをここでハッキリしておきます。

 

前倣え、右倣えで育つ日本の学校教育。

長いものに巻かれろ、空気を読んで皆と一緒にしろ

こういった閉鎖人間を作り出す日本の教育そのものが

元凶であるとハッキリ自覚すべきです。

 

そもそも考えてみて下さい。

 

たまたま一緒の地域の同じ年齢が集まって

何年も共同生活をしなければいけない

というのは正気の沙汰ではありません。

 

どうして同じ人達と何年も共同生活を

しなければいけないのでしょうか。

 

すでに学校は必要が無いと言われている時代です。

教師も必要ではありません。

単なる知識の伝達であれば、

人じゃなくても良い時代です。

 




 

ITも発達して学校という施設に拘る必要もない時代。

 

こうして閉鎖的で同じ様な思考の人間を

量産するかのような教育のせいで

少しでも『ズレ』のある人間は排除されるのです。

恐ろしく時代遅れなのです。

 

本来そんな場所に行く義務などありません。

むしろ人間性を悪くします。

 

学校に行かない

引きこもっている

という子を無責任に『逃げている』などと

言う大人もいることが非情に悲しいですね。

 

ハッキリここで言っておきますね。

逃げてもいいです。

迷わず逃げて下さい。

 

そのような場所で自分を殺して

保身ばかり考えて生きる人間になるくらいなら

全力で逃げて欲しいと思います。

 

何も迷う必要はありません。

逃げて下さい。

そしてふり返る必要もありません。

 

君が考えているほど世界は狭くないし、

今君を苦しめている環境はあなたの人生にとって

大して重要なものではありません。

 

安心して下さい。

苦しむ君が悪いのではなくて

その世界が狭すぎるだけなのです。

 

死ぬくらいなら笑顔で逃げて下さい。

迷わず去って下さい。

 

そんな場所より君の人生のほうがずっと大事です。

絶対に死なないで下さい。

必ず君には君の居場所はあるのです。

 

 

-ニュース, 人生論, 日記