我輩は未来人である

自由気ままに新世界を創造してみようぜ

引き寄せの法則

嫉妬する側とされる側!あなたが本当に幸せになるために今すぐ決断すべきこととは?

 

嫉妬する側、嫉妬される側、あなたはどっち?

日本人というのは
とっても嫉妬深い人種ですね。

基本的に、
自分よりも恵まれている人、
自分より贅沢している人、

自分ができないことをやってのける人を
攻撃するのが大好きです。

芸能人や有名人を集団になって叩く時の
一体感は素晴らしいものがありますね。

金持ちを叩く時のモチベーションは一体、
どこから来るのでしょうか。

なぜ金持ちが悪人で、
貧乏を正当化できるのでしょうか。

それは単なる感情論でしかありません。

豊かなことはステキなことです。

世の中は嫉妬する側と嫉妬される側がいます。

どちらが幸せだと思いますか?

当たり前ですが、僕は迷わず
嫉妬される側になるための努力をします。

嫉妬する側というのは
典型的な貧乏マインドです。

ここで言う貧乏とはお金だけの話しではなく
精神的な貧しさも含まれます。

何の生産性もないマインド状態です。

そして、誰のためにもなりません。

自分の境遇、環境を恨んでも
何も生み出せません。

あなたが今すぐ決断しなければいけないこと!

まず今すぐ決断して欲しいことは、

嫉妬される側を迷わず選ぶ!
という覚悟を決めて下さい。

そんなことを言ったら嫌われるのでは...
と躊躇する人もいるでしょうね。

よく考えて下さい。

嫉妬して努力をせず
環境や他人のせいにして何もしない人に
好かれるということは...

それは同じ人種だということ。

嫉妬する側とされる側

確実にどっからどう考えても
【嫉妬される側】のほうが世の中は幸せです。

もう、本当に日本は嫉妬大国です。

自分たちと横並びで同じでない人を
叩くのが大好きです。

でも、同じのままでは
誰も幸せにはならないです。

誰もエキゾチックになれないのです。

そこから思い切って飛び出す人だけが、
特別な人生を送れるのです。

なので、まずは
【嫉妬される側になる】
という強い決意が必要です。

いいですか、決意をして下さい。

そして、
いずれは少しでも多くの人を嫉妬する側から、
嫉妬れる側に導ける人を目指しましょうよ。

それが僕のMISSIONのひとつであります。

嫉妬する側には更に嫉妬を呼び、
自分を惨めにしていくだけです。

-引き寄せの法則