我輩は未来人である

自由気ままに新世界を創造してみようぜ

人生論 引き寄せの法則

【村社会】あなたの成長を妨げる環境に注意!進化するためのこれからの生き方とは

ibi4rpT5_20171115205537-300x200 【村社会】あなたの成長を妨げる環境に注意!進化するためのこれからの生き方とは

 

村社会から出てこい

日本人は元々鎖国をしていて、
主に農耕民族でした。

今農耕民族と打とうとしたら
変換で【濃厚民族】となって
ヌフっと笑ってしまいました。

すいません。余談です。

そんな濃厚民族だった日本人ですから、
どうしても村社会的なコミュニティを
作ってしまうのが癖のようです。

まあ、これは地域差なども
大きく影響するでしょうね。

大きな会社の組織でも
村社会だったりします。

農耕民族だっただけに、
やはり村社会的な組織に
なってしまうようです。

村社会というのはご存知の通り、

閉鎖的で排他的で意味不明な
ルールや文化を作りたがります。

言葉を悪くすれば、
井の中の蛙、お山の大将
といったところでしょうか。

こうしたコミュニティーに属してしまうと、
成長がとてつもなく遅くなりますね。

もしくは成長が止まってしまいます。

村社会とはとてつもなく危険です。

 

 

周りに合わせてるだけのアイデンティティ

一旦属してしまえば
居心地は良いかも知れません。

でも、そこがまた危険なのです。

本当に常に成長をしたいと思う人は、
絶対に村に属してしまうことはしません。

関わることはあっても属しません。

この違いわかりますか?

あくまでも、
その中の人間になってしまうのではなく、
常に自分軸で客観的に物事を見ることです。

村社会を作ってしまうと、
その村の中だけの人間になってしまいます。

全くエキゾチックではありません。

どうも、
日本人はそういう癖があるようです。

派閥というのも一種の村社会ですよね。

内は見方、外は敵というやつですかね。

僕はいつもそういう
小さくまとまる世界を見ると
『村社会から出てこい』と思います。

村の考えに背くと
『そんなんではどこ行ってもダメだ!』
などと脅されます。

そんなに世界が狭いはずがありません。

こんな時代だからこそ
人と人との直の繋がりは大事ですが、

個性や自分を保ちながら
まとまることが大事です。

もう村社会はとっくに必要ないのです。

自分を解放し、他者を認め、
どんどん世界を広げて生きてくのが
エキゾチックだと思います。

つまらないルールは一緒に
ぶった斬っていきましょう^^

-人生論, 引き寄せの法則