我輩は未来人である

自由気ままに新世界を創造してみようぜ

人生論 引き寄せの法則

バランスの法則を上手く使いこなすことで過去を変えて素晴らしい未来を手に入れる方法

 

 

浮かれない、調子に乗らない、謙虚でいることの本当の意味

前回の内容ですが、
色んな反応がありました。

『喜ぶ時は思い切り喜べばいいんちゃう?』
と思う人は多いようです。

それはもちろんそうで、
嬉しい時は思い切り
喜んだほうがいいです。

でも、
いつまでも浮かれずに、
すぐに50か60くらいに
戻すということです。

何も感情を殺すという
意味ではありません。

そこは誤解しないで下さいね。

また人によっては
浮き沈みが激しい人生のがいい!

という人もいますのでそれは好みですね。

これは本人の好みでのさじ加減なので、
ご自身で調整することです。

僕は安定型なので、
振り幅が激しいのは好みません。

よく波乱万丈人生とかって聞きますが、
そういう人は本当に上と下が激しいですよね。

浮かれない、調子に乗らない、謙虚
の意味がこの法則で本当によく理解できます。

 

 

過去の解釈を変えることで未来も変わる

ギャンブルがとってもわかりやすいです。

例えばパチンコが大好きな人は、
たまに勝つと大盤振る舞いを
してたりします。

でも、
負けた時は非常に機嫌が悪かったり
テンション低いです。

言うまでもありませんが
パチンコは負けた人で
成り立っている業界です。

たまに勝って
『うっひょー!』
となっても、

トータル的には損を
している人がほとんどです。

単なる奪い合いですよね。

以前に過去は変えられる!
という話をしましたが、

過去に関しても

ネガティブだと認識している過去は
0のままではなく、
50にしてしまうと良いです。

逆に過去の栄光とも言える
ポジティブだと認識している過去も
敢えて100から50に認識してみます。

過去の栄光を
100のままにしていると、
いつまでもそこにしがみつきます。

過去の栄光に執着していると
未来に新しい100は訪れません。

過去の悪いことも、

良いこともすべてバランスの良い
認識にすることによって、

より良い未来を
受け入れられるということです。

ポジティブやネガティブが
良いとか悪いとかではなく、

バランスを崩した時に、
歯車は狂うということです。

これは理屈で説明するのは難しいことですが
上手く伝わっていると嬉しいです。

-人生論, 引き寄せの法則