我輩は未来人である

自由気ままに新世界を創造してみようぜ

真田丸

真田丸29話の感想!秀吉の急激な劣化と正室の春ってどんな女性だったの?

maxresdefault

 

どうも未来人です。




真田丸の29話を見ました。

 

今回になって秀吉が急激に劣化。

 

ボケの症状が急に出ていましたね。

 

同じことを何度も話す、

怒りっぽい、

情緒不安定、

 

本来なら隠居すべきなのだが

後継の後の秀頼はまだ幼く

甥の秀次は亡くなってばかり。

 

こんなボケ老人に権力を持たせるのは

危険極まりない状況ということです。

 

そう言えば最近では

鳥越俊太郎氏の認知症の問題が

話題となっていますね。

 

これも同じです。

 

しかも叩けば叩くほど

ホコリが出ている人物。

 

絶対に都政はまかせられないですね。

 

秀吉の命もあとわづかです。

 

それにしても今回信繁の正室となった

春という女性がとって気になります。

 

20160702-00000022-mantan-000-1-view

 

三成曰く、少々厄介な女

ということですが何なのでしょうか。

 

気になって調べてみたのですが

特にこれといった情報はなし。

 

そもそも女性に関する情報はあまり残ってないらしく

正室の春という名前も後の側室となるきりという

正確にははっきりしていないらしいのです。

 

きりに関しては完全に今回のドラマのオリジナル。

 

残念ながら詳しく残っていないのですね。

 

信繁は生涯4人の嫁をもらっているようですが

正室が春で側室のい一人がきりということです。

 

春という女性がどうやっかいなのか

とても気になるところです。

 

そう言えば秀吉はキリシタンを廃止しますよね。

 

今回細川ガラシャ含め、

キリシタンの面々が登場しましたが

今後の展開がヒヤヒヤしますね。

 

ボケ老人秀吉の政権があとわずか。

 

豊臣政権の崩壊が本格的に始まります。

 

春の父親である大谷吉継と

親友の石田三成の最期まで

あと数年ということになります。

 

今後の真田丸も楽しみです。

 

 

-真田丸